薄毛を改善する方法

薄毛対策で重要なのは毛母細胞の活性化です。毛根の外側にある毛母細胞が分裂することで、髪の毛はどんどん成長します。ここでは毛母細胞を活性化し、薄毛を改善する方法について解説します。



●脱毛因子をブロックする
毛母細胞の働きを弱めるタンパク質が脱毛因子です。脱毛因子はDHTがレセプタと結合することで生成されます。DHTを抑制するには5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシ、フィナステリド(プロペシア)、キャピキシル(ビオカニンA)などが有効です。最も強い効果があるのは医薬品のフィナステリド(プロペシア)です。ただ、フィナステリドには性欲減退などの副作用が数%報告されています。ノコギリヤシは副作用の心配がほとんどありません。

●毛乳頭に栄養を送る
育毛対策では栄養や酸素を毛乳頭に送る事が欠かせません。栄養を受けた毛乳頭では成長因子が生成され、毛母細胞の分裂活動を促進します。毛乳頭に栄養を送るには血流を改善する必要があります。血流改善に有効なのはミノキシジル(リアップ)です。ミノキシジルには血管を拡張する作用があり、栄養や酸素を毛乳頭に送る作用があります。そのほか、センブリエキスやニンジンエキスなどを配合した育毛剤の使用も有効です。

●血行を促進する栄養分を摂る
血行促進は育毛剤の使用だけでなく、食事も重要です。お肉などの動物性蛋白質ばかり取ると、血中コレステロール値があがります。その結果、血液がドロドロになります。血流改善作用のある栄養素で有名なのは納豆です。納豆に含まれるナットウキナーゼには、血栓を溶かす作用があります。そのほか、青魚に含まれる不飽和脂肪酸「DHA,EPA」には血中コレステロール値を下げる作用があります。水溶性食物繊維にも血流を改善する作用があります。水溶性食物繊維はインゲン豆、ニンジン、オクラなどに含まれています。
ボストン
20種類以上の育毛ケア成分を配合。DHTを抑制するノコギリヤシをはじめ、毛髪の生成をサポートする亜鉛など、育毛ケア成分をたっぷり配合。
フェルサ
5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシをはじめ、毛髪の原料となるミレットエキス、ケラチン、亜鉛など育毛ケア成分をたっぷり配合
ぐんぐん
ノコギリヤシをはじめ、成長因子の生成をサポートするカプサイシン、イソフラボンを配合。その他、血流改善成分なども配合。
DHT抑制や血流改善など、薄毛を改善する方法について紹介します。