リアップの特徴、効果



リアップは大正製薬から販売されている育毛剤です。血管を拡張するミノキシジルを配合し、毛乳頭細胞を活性化します。ミノキシジルは元々、血圧を下げる内服薬として開発されましたが、多毛の症状が出たため、育毛剤として使われるようになりました。

リアップにはミノキシジル5%タイプとミノキシジル1%タイプがあります。男性用は5%、女性用は1%です。ミノキシジルを塗布することで、頭皮の血管を拡張します。毛乳頭細胞に栄養や酸素が送られると、成長因子(KGF,VEGF)が産生されます。

KGFはケラチノサイト成長因子と呼ばれ、毛母細胞の活性化をサポートします。毛母細胞の分裂活動が続くと、毛髪の成長は継続します。VEGFには血管を新生する作用があります。血管を新生することで、毛乳頭に送られる栄養分や酸素が増え、毛髪の成長を促進します。

ただ、リアップには5αリダクターゼを阻害する作用はありません。その為、DHTは生成され続けます。DHTは脱毛因子を産生し、毛母細胞の働きを弱めます。薄毛対策にはリアップだけでなく、ノコギリヤシやフィナステリドの服用も大切です。

●リアップの副作用
リアップの副作用で多いのが皮膚炎です。ミノキシジルの濃度が上がる程、頭皮への刺激が強くなり、ミノキ焼けと呼ばれる症状が増えます。その他、稀にですが、血圧の低下やむくみなどの副作用もあります。血圧の治療をしている人、心臓の病気等がある人は、医師に確認する事をおすすめします。
ボストン
20種類以上の育毛ケア成分を配合。DHTを抑制するノコギリヤシをはじめ、毛髪の生成をサポートする亜鉛など、育毛ケア成分をたっぷり配合。
フェルサ
5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシをはじめ、毛髪の原料となるミレットエキス、ケラチン、亜鉛など育毛ケア成分をたっぷり配合
ぐんぐん
ノコギリヤシをはじめ、成長因子の生成をサポートするカプサイシン、イソフラボンを配合。その他、血流改善成分なども配合。
血流改善作用のあるミノキシジルを配合した育毛剤「リアップ」の特徴、効果、副作用などについて紹介