トップページ >  薄毛対策の基礎知識 >  ミノキシジル

ミノキシジルの効果について



ミノキシジルは血管を拡張する作用のある薬です。元々は高血圧治療の為に使われていましたが、多毛症の症状が多く見られたため、薄毛治療薬として開発されるようになりました。ミノキシジル配合の治療薬にはリアップがあります。リアップは外用薬として、頭皮に直接塗布するタイプです。その他、薄毛治療のクリニックでは内服タイプのミノキシジルタブレットも処方されています。

●ミノキシジルの効果
ミノキシジルには血管を拡張する効果があります。血流が良くなることで栄養や酸素が毛乳頭に届くようになります。日本皮膚科学会でも薄毛治療に認められている育毛剤です。ミノキシジルを使うと血行が促進され、アデノシンという成分が分泌されることが分かっています。

アデノシンによって毛乳頭細胞から成長因子と呼ばれるたんぱく質が分泌されるようになります。この成長因子はVEGFと呼ばれ、新しい血管をつくる働きや傷ついた血管を修復する作用があります。その結果、毛乳頭に栄養が多く届くようになり、髪の毛を作り出す毛母細胞の働きも活性化します。

また、ミノキシジルを使用しはじめると初期脱毛と呼ばれる症状が現れる事があります。血管拡張、血管新生作用により、毛乳頭の活動が活発になり、いつもより多く髪の毛が抜けてしまいます。これはヘアサイクルが休止期から成長期に入るために起こる脱毛です。不安に思いますが、初期脱毛はミノキシジルの効果が出ている証拠とも言えます。

●ミノキシジルの副作用
ミノキシジルは医薬品の為、効果が強い分、副作用にも注意が必要です。ミノキシジルの副作用で最も多いのが頭皮の痒みです。人によっては非常に強い痒みを感じる事があります。その場合は使用を中止します。その他、タブレットタイプで多いのが体毛の増加です。内服タイプは塗布するタイプよりもさらに効果が強いため、体毛まで増加する事があります。

その他、非常に稀ですが、低血圧の症状が出ることもあります。低血圧によって頭痛やめまい、動悸、冷えなどの症状を引き起こす事があります。血圧の治療を受けている人、寝起きで血圧が低い状態での使用や服用には注意が必要です。血圧の治療を受けている場合、医師に確認する事をおすすめします。
ボストン
20種類以上の育毛ケア成分を配合。DHTを抑制するノコギリヤシをはじめ、毛髪の生成をサポートする亜鉛など、育毛ケア成分をたっぷり配合。
フェルサ
5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシをはじめ、毛髪の原料となるミレットエキス、ケラチン、亜鉛など育毛ケア成分をたっぷり配合
ぐんぐん
ノコギリヤシをはじめ、成長因子の生成をサポートするカプサイシン、イソフラボンを配合。その他、血流改善成分なども配合。
医薬品として使用されているミノキシジルの効果、特徴、副作用などについて解説します。