トップページ >  薄毛対策の基礎知識 >  イソフラボン

大豆の特徴、効果



イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノールの一種。植物性女性ホルモンとも呼ばれ、エストロゲンと似た働きがあります。イソフラボンは豆腐や納豆、きな粉、豆乳、油揚げなどに豊富に含まれています。比較的摂りやすい食品ですが、食事として摂りづらい場合はサプリメントでの摂取も可能です。ここではイソフラボンの効果やおすすめの組み合わせなどについて紹介します。

大豆の摂取目安量は40~50mgです。豆腐であれば半丁、納豆1パックが目安です。サプリメントでは30mgが上限です。ホルモン剤などを摂取する際には医師に相談する事をおすすめします。

●大豆の効果
・女性ホルモン作用
大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのバランスを整える作用があります。更年期症状の緩和をはじめ、骨密度の改善作用もあります。女性ホルモンには肌の弾力も改善する美肌作用も期待できます。男性にとってもホルモンバランスの改善は薄毛対策に欠かせません。さらに前立腺がんの予防にもおすすめです。

●血流改善作用
大豆に含まれるサポニンには血液をサラサラにする作用があります。その他、食物繊維は血糖値の低下作用があり、大豆ペプチドには血圧低下をサポートする作用があります。血液中のコレステロールや中性脂肪、糖を抑えることで血流改善をサポートします。

●腸内環境改善
大豆にはオリゴ糖や食物繊維がふくまれています。オリゴ糖は腸内細菌のエサとなります。また食物繊維は腸壁を刺激することで便秘の予防、改善作用があり、懲戒環境を整えます。腸内環境が改善することで、栄養分なども吸収されやすくなります。

●大豆と一緒に摂りたい食品
大豆に含まれるイソフラボン効果をアップさせる食品について紹介します。大豆イソフラボンは腸内細菌によってエクオールという成分に変化します。このエクオールがイソフラボン以上に女性ホルモン作用があります。腸内細菌を活性化することがエクオールの生成には欠かせません。そこで積極的に摂りたいのが魚、発酵食品、オリゴ糖があります。魚は刺し身がおすすめです。発酵食品にはヨーグルト、チーズ、キムチ、納豆などがあります。オリゴ糖はバナナなどが効果的です。
ボストン
20種類以上の育毛ケア成分を配合。DHTを抑制するノコギリヤシをはじめ、毛髪の生成をサポートする亜鉛など、育毛ケア成分をたっぷり配合。
フェルサ
5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシをはじめ、毛髪の原料となるミレットエキス、ケラチン、亜鉛など育毛ケア成分をたっぷり配合
ぐんぐん
ノコギリヤシをはじめ、成長因子の生成をサポートするカプサイシン、イソフラボンを配合。その他、血流改善成分なども配合。
大豆に含まれるポリフェノールの一種、イソフラボンの特徴、効果などについて紹介します。